DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:楽器演奏
コードネームは面白いし、奥が深いです。ピアノコードの図解を見ながら、音に重複する場所があるのが理解できます。アコーディオンの左手のボタンを鳴らしながら右手を合わせていくと、メロディーが何となくつながって行き、曲が仕上がって行きます。右手が動かしにくいキーだったら、ハミングしてメロディーを紡いでいます。セブンスとデイミニッシュの音が同じに響くと、蛇腹の位置によって押し方を選んでいます。ベースソロも、上下を選べるのって便利なことがわかります。きれいな音を全身で感じると、何度も繰り返して、快感を楽しんでいます。やっと、楽器の良さが伝わってきます。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:楽器演奏
お久しぶりです。生活安定!!??アコーディオン続けます。現在の楽器hohner120レッドです。これです!!何があっても、男です。やるっきゃない。
hohner3
hohner2
hohner1


DATE: CATEGORY:楽器演奏
異常高温注意報です。今日は、透析中、足つりと、血圧低下がして、休んでから帰宅しました。熱中症により寝汗をたくさんかいた脱水症状かもしれません。独特の痛みは恐怖いっぱいなので、注意します。

昨日15:00、 扇風機が到着しました。電気代節約のため、新居には空調は取り付けしていません。命にかかわるので、いただいた中古のものを更新しました。これで、快適に演奏が楽しめます。

parrotの探求記を続けます。機会いじり大好きな私はとにかく凝り性です。本当はノギスという測定器がほしいところですが、費用がかかるから、プラスチックの直定規買って来ました。楽器を縦にして、空気ボタンの感触を調べました。指先で側面を挟みゆっくりと尖らせました。定位置が基準通り7mm、ボタンが3mmせり上がり10mmになりました。ここで「カツン」と音がして止まったので、指の腹をボタンホールにぴったりつけて動きを止めました。力を緩めると、指の腹がボタンホールに吸い込まれる感じになり、ボタンが定位置まで戻りました。練習中ミスタッチを正すのに、蛇腹の位置を変える必要があります。空気ボタンをよく使うので、指先で探ったり、激しく押したりするのに耐えられるような設計なんです。

楽器を担ぎました。ベローイングの重量トレーニングのときは、空気ボタンを押下せず、側面に親指と人差し指を伸ばし尖らせたり緩めたりしています。細長いボタンの感覚を楽しんでいます。手の甲、手のひら、肘をダランとさせ、蛇腹を自然に往復させます。開閉の切り替えの瞬間が一番美しいので、洗面所の鏡に映してうっとりと堪能。手鏡もフォームチェックには必要ですね。その後、空気ボタンを押下させながら、拍子をつけてベローイング。空気の通りがスケルトングリルのおかげでスムーズです。

C調で両手のリード数を調整しながら、両手の単音と和音の音合わせです。音の出鼻で手首にスナップをかけると、低い音まで、きちんと混じって響き出します。それから「ダラーン」と動かすと、音量が持続していました。

音には赤、青、黄、橙などの色があります。しかし、この音色の黒鍵は何番目に来るのかを推理するのは難しいです。せっかく音色を変えたいと思っても、右手の指先がもつれると曲が乱れてしまいます。だから、左手の対位ベースは右手の上達には必需品です。ボタンは接地面積が狭いから指の移動が楽です。しかも、どのキーでも運指を同じに出来ます。ボタンタッチと音色の変化を楽しみながら、音合わせをして、音域を広げていきます。対位べースは、蛇腹側の2列のボタンで、1オクターブ内ではあるものの、どのキーでも同じ指遣いでメロディーが弾けます。
DATE: CATEGORY:楽器演奏
帰宅後、イメージトレーニングです。腋の下を軽く閉じ、手首をダラーンとさせました。4拍子×1オクターブ(8個間)=32個間。蛇腹がベースの重力でゆっくりと開き始めると、頭でリズムを刻んでいました。子どもの頃覚えたベローイングのコツって、大人になっても体に染みついています。蛇腹上部が次第に膨れ、扇型になり、赤い部分が現れました。カタログでわからなかった意外なチャームポイントに感動。「きれーい。かわいーい。」と歓声を上げて、右手で上の襞を撫でました。開き切るとべース部のハウシングが、やや内側になり、蛇腹上部がうねっていました。肘を上げ、腋の下を開きました。自然と蛇腹上部が縮まり、下部が膨れ、逆扇型になりました。今度は右手で下の襞を撫でました。開閉をパッと切り替える瞬間がとても素敵です。音が途切れないようにするコツを復習していました。同じように、32個間を意識して、閉じ切るようにしました。重力トレーニングでは、空気を使わず音を出さずを徹底です。空気が通らなくても、皮革のいいにおいがしてホッとしました。好きなキーで音階をハミングしたり、歌ったりしながら、蛇腹を開けたり閉めたりしていました。
DATE: CATEGORY:楽器演奏
昨日15:00、parrot96が到着し、のどかな時間が戻ってきました。段ボールをほどき、ケースから楽器を出し、背負いバンドを調整し、楽器を抱えました。黒いボディに白いボタンが映えていいアクセントになっています。左手首バンドを調整し、蛇腹止めをはずし、無理なく楽器を支えられるようにしました。久々のアコーディオンなので、今度こそは手放さないと決意新たでした。今日はここまで。

copyright © 2017 よっちゃんの部屋 renewal all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。