DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:楽器演奏
対位ベースの便利さに気づくと、和音に興味が移りました。くぼんだボタンの下はどんな音がするのかやってみたくなりました。
「お兄ちゃん。ここどんな音なの?」
「押してごらん。」
左の薬指と中指を斜めにし同時に押しました。蛇腹が自然に広がり、音がかすかに鳴り始めました。
「ドミソだ。ド・ミ・ソ♪」

弾んだ声で、繰り返し音程に合わせて答えました。

「そうだね。」

オルガン教室での聴音トレーニングのように、親指、中指、小指をパッと広げて右の鍵盤を押さえました。腋の下をつけながら蛇腹を大きく動かすと、大きな音が鳴り続けました。肘が重くなると、手首を上げて、蛇腹を閉じて、音を持続させました。

「ほら、音が合っているよ!きれーい!」

「上手上手。」

左指でボタンを押しっぱなしにして、右の鍵盤を同時に押し続けたり、分散させて押し続けたりしました。

「上押してみるね。ドファラだね。 鍵盤押してみるね。重なっている?」

「いい音だよ。」

「下はシレソだね。 鍵盤押してみるね。重なっている?」

「いい音だよ。」

音を変えるときに指を離すと、蛇腹がダラーンと動きを止め、余韻が残りました。右手で蛇腹の襞を触りながら、お兄ちゃんにほほ笑みかけていました。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 よっちゃんの部屋 renewal all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。