DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:楽器演奏
実際の移動は、考えに考えて、北浦和発着としました。なぜか、駐輪料金の問題です。何時間駐めても一日に付き1回100円です。それを思い出したからです。多少出入りが不便ですし、雨ざらしですが、そこは辛抱です。

自宅発     11:10
北浦和駅着  11:30
      発  11:40

南浦和駅着  11:45
      発  11:50

西国分寺駅着 12:22
       発 12:28

立川駅   着 12:35

『はるもにあ』着 12:45

混雑もなく、とても順調でした。楽器の形に気づかれることもなく、それについて何やかにやという背後でのささやきの声もなかったです。余りに、過敏になりすぎていた私がバカでした。アコーディオン型のソフトケースに楽器を入れ、アクセサリーをつけて堂々と運ぶ自信がつきました。

入ると、えりさんが、笑顔で迎えてくださいました。マンドリンをしばらくぶりに復活されたOさんとデュオをされるというので、リハ中でした。

13:35、ミニミニライヴのV-accordionのOgさんが演奏を始められました。様々な音色を駆使して、アコーディオンのジャンルを広げた演奏に目を見張りました。とりわけ、ジョン・ウィリアムスの映画音楽メドレーは圧巻でした。

約、30分後、それぞれの演奏交流が始まりました。

当の私は・・・・
アコーディオンをちゃんとした形で背負って運搬するのは初めて、アクセサリーをつけて持ち込んだのも初めて、ホナホナちゃんの公開も初めて、録音機を回すのも初めて、何から何まで初めてづくしで緊張しました。

myplay1myplay2
myplay3myplay4
myplay5myplay6
1曲目は「Those Were The Days」邦題は「悲しき天使」というフレンチポップス系、メアリー・ホプキンの曲を弾きました。弾き始めると、やはり、皆さんの視線がとても緊張を呼び、5小節弾いたところで、頓挫。「やり直します。」と言って、弾き直させてもらいました。この曲は、コードがマイナー、メジャーと上下するだけではなく、5つ程飛びます。緊張して、左手がまずメチャクチャになってしまっていました。曲の終盤になると、スゥイング風の感じの交互ベースが入るのです。何とかそれらしい感じを出そうと努力していましたが、お聴き苦しくて申し訳なかったです。

録音機を回そうとしていましたが、まだ、操作のしかたも未熟でしたから、スイッチを入れる気になりませんでした。そんなこんなで、1曲目が終わりました。早く出番が終わればいいなぁと思っているくらいで、落ち込んでしまいました。これでも降板しました。

後に続く方々は、さすが、お教室の発表会間近だったり、終了直後だったりして、みなさん、2曲目、3曲目とやっていらっしゃり気合いが入っていました。すごいですね。

えりさんのおはからいで、まだ時間が残っていましたので、私もあと一曲やらせてもらいました。2曲目は「小さなピアノの詩」、映画「ディアハンター」のテーマ曲です。終わり頃にさしかかると、私もエンジンがかかり始め、最初よりは調子が上向いてきていました。音色スイッチを切り替えたり、コードのミスも少なくなってきました。録音機もしっかり回して、こうしたチャンスでもなければ出来ないと思い、試運転できました。

反省!逃げたらあかん、毎日、少しでも楽器に触れる時間をもっと持ち、自分の音を怖がらず録音して、何度も納得行くまで聞いて、弾き直してみる!!です。

最後に、今日参加するにあたって、帰宅後、たいへんなことになっていました。「嘘をついてごめんなさい。」です。会場でもお話しましたが、月曜日は本来ならば、国民の祝祭日だって透析日です。今日の参加は変更してやってきました。変更の名目を正直に言っておけば良かったのですが、昨日終わった「町内会の新年会のため」としておいたため、明日の代替え透析の急な連絡が携帯を持ってこなかったため、病院から出来ず、困ったそうです。帰宅後、どこに連絡があったかというと、病院で調べた結果、町内会長さんのお宅に行ったそうです。着信履歴が何度も町内会長さんのモノからあり、かけたところ、事実が判明し、たいへんお叱りを受けました。もう懲りました。趣味のためだと言えば、居場所さえ明らかにすれば、変更は出来るので、正直に明かそうと。透析仲間の方で、句会の発表会があるので、あるいは、会の旅行があるのでと変更してもらった人のことを知っていました。嘘と隠しごとはだめです。明日、朝一で病院にお詫びの℡を入れ、午後の何時にどこの病院に行けばいいのか、変更措置をきちんと指示してもらいます。とにかく、祝祭日で透析日にぶつかっていて、趣味がしたいなら、そのことを明かしておくべきだと思いました。勿論、趣味については絶対に、嘘も隠し事もなく改めて主治医に話します。命に関わることですし、楽しく活動したいですから。アコーディオンの演奏活動や他の楽器のライヴ拝聴のことを明日、病院できちんと伝えておきます。
スポンサーサイト
コメント

ごめんなさい m(_ _)m

parmerhuseさん、昨日は≪かるふーる≫へのご参加、ありがとうございました。
私の都合で、もともと日曜日の開催予定を月曜日に変更してしまったため、ご迷惑をおかけしましたね。すみませんでした。
でも楽器を持ってお元気にお店に現れたparmerhuseさんのお姿を拝見して、本当にお元気になられたんだなぁと、すごく安心しました。
今日は透析なのですね。お疲れが出ませんように。

yochan@gorgeous.interq.or.jp

とんでもないです。変更連絡がスタッフに伝わっていなかったのは病院のミスです。そして、連絡を取れる状態にしていなかった自分が一番悪いんです。こういうこともあるわけです。落ち込んでいません。楽しかったです。今年最初から、出席できてどんなにうれしかったか。ありがとうございます。

ライブ演奏

parmerhuseさん、いちばん上の左のお写真だけは笑っていますが
それ以外のお写真では相当険しい表情をなさってますね
かなり緊張なさっていらしたのでしょうか?
生前うちの父が透析してましたが透析は水分量とか制限がおおくてたいへんですね
でも慣れるとうちの父も北海道から東京ディズニーランドまで旅行してましたヨ
ちなみに楽器の移動の話ですが
ぼくはアコーデオンはリュック型のソフトケースを担いで
どこにでも持ち運びしています
これで徒歩、自家用車はもちろん電車にも飛行機にも乗ります

自分が檜舞台の時の顔を見なさい

Zenさんへおへんじ>
緊張していました。でも、緊張するのって、不自然ですよね。だって、好きな趣味に参加しているんですよ。もっとリラックスしながら間違えている方がたくさんでした。母の看病がたいへんだった時に、こんなことを言われたことがあります。「どうして、顔がこわばっているの?お母さんがあれこれ体が言うこと聞かないからって、普段と違う。自分をよく見せようなんて思っちゃだめ。」そうだと思いました。だから、あえて、こういう状態だって、反省のpicturesを掲出しました。次は、音に行きますからね。これじゃあ、私に近づくなんてだれがしますか。

ライブを楽しまれて良かったですね。
上手な方が多い中での演奏って、緊張しますよね。
来月2月は雪が降らなければ福岡のアコ交差点へ行ってみようかなって思っていますが、体調もやや心配です。
もし行ったら演奏は緊張すると思います。

てるおさんへおへんじ

やぁやぁ、たじたじでございました。私も、博多へ飛んでいきたいですが、透析変更が出来ません。諦めました。まりこさんにはずっと、お会いして、演奏交流したいと伝えていますが、今年も無理ですわ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 2018 よっちゃんの部屋 renewal all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。